WiMAXの特徴やメリットまとめ。おすすめできる?

WiMAXの特徴について

家でも外でもどこでもネットが使える

ADSLや光回線などは、自宅内でしかインターネットを利用することができませんが、WiMAXは自宅内にとどまらず、外出先のカフェや会社やホテルなど電波の届くところなら、どこでもネットが利用できます。

ケーブル不要という点もメリットです。

端末の持ち運びが手軽

端末はコンパクトなのでバッグに入れたり、ポケットに入れたりして、どこでも手軽に使えます。WiMAXの端末のサイズは、スマホより小さく軽いです。

通信をたっぷり使えてさらに安い

WiMAXのギガ放題プランを契約すれば、月額4,000円台で月間無制限でネットが利用できます。スマホの場合は、データ容量が月間2GBとか3GBとか上限がありますが、WiMAXのギガ放題プランは上限がないので、1か月で100GB以上のネットを利用することができます。

通信速度が速い

WiMAXは通信には2.5GHzの周波数帯を用いています。最大708Mbpsの高速通信なので、快適に動画を視聴したり、音楽を聴いたり、アプリのダウンロードもスムーズです。

現在、最大速度はどんどん速くなってきています。

スマホのLTE用SIMであれば月間データ容量が限られるので、動画を視聴できる時間に限りがありますが、WiMAXなら月間通信料が無制限なので、思う存分動画を視聴し続けることができます。

ウェブサイトの閲覧やメールの送受信には下り2~3Mbps程度、YouTubeなどの動画を視聴するには、下り8Mbps程度の速度があれば快適です。

WiMAXは下り最大708Mbpsのスピードなので、日々インターネットを楽しむには十分な速さです。

様々な機器をネットに繋げる

スマートフォン、ノートPC、タブレットなど複数のデバイスを同時にインターネットに接続できます。

WiMAXルーターが発信しているWi-Fi電波をキャッチするだけですから設定が簡単です。WiMAXルーター1台あれば、ご家族のデバイスもWi-Fiを利用できるということです。

工事が不要

WiMAXは工事が不要なので、工事費も必要ありません。インターネットの契約を申し込んでWiMAXルーターが届いたらその日からすぐにインターネットに繋げることができます。

引越し時も、回線撤去・新居での新規回線工事なども必要ありません。配線が不要なので、部屋がスッキリします。

auスマホの料金割引制度がある

ブロードワイマックスは「auスマホ割」に対応

auスマホを利用している方でしたら、WiMAX2+を契約して「auスマートバリューmine」という割引制度の申請をすると、auスマホの毎月の利用料金が月額最大1,000円安くなります。

WiMAXを提供するUQコミュニケーションズは、KDDI系列の会社なので、auユーザーに対しての割引制度を用意しています。

注意点は、この「auスマートバリューmine」は、どこからWiMAXを申し込んでも使えるわけではありません。この制度に非対応の会社も多く存在します。

ブロードワイマックスは、auスマホ割引に対応しています。wimax比較サイトでauスマートバリューmine対応、各社のサービスの違いなどを調べてみることをおすすめします。

手数料がダントツに安いGMOコインの特徴とは?

GMOコインは、仮想通貨の販売所です。

「取引所」は、ユーザーが買いたい額、売りたい額を指定してマッチングしたら売買が成立する場所です。やり取りはユーザー間で行われ、指定した金額で必ず取引ができるとは限りません。

一方、「販売所」はユーザーと販売所の間で取引が行われます。価格が固定されているので、数量さえ指定すれば売買が成立しますが、取引所と比較して割高になるといったデメリットがあります。

しかし、GMOコインは販売所であるのに手数料が他の販売所と比べてとても安いです。

GMOコインのメリットは何?

入出金手数料が無料

仮想通貨を購入する際は、入金手数料が安い方が良いです。なるべく低コストでいつでも入金できる様にしておきましょう。

GMOコインでは、即時入金の手数料をGMOコインが負担してくれます。
出金等も手数料を気にせず利用できるのが大きなメリットです。

GMOコインでは通常の取引所形式ではなく、販売所形式が取り入れられており、ユーザーとGMOコインが直接売買するような形式で、自分のタイミングで取引をすることができます。

なので、仮想通貨の売買を始めたばかりという初心者におすすめです。

GMOグループが運営

GMOコインは、GMOインターネットグループに属する会社で、運営元が一部上場企業なので、安心して取引をすることができます。

貸仮想通貨サービスがある

GMOコインでは、「貸仮想通貨」サービスがあります。そこでは、アルトコインの取り扱いがあります。「貸仮想通貨」サービスとは、一定期間の間にコインを貸し出すだけで枚数が増える仮想通貨のレンディングサービスのことで、ビットコインを含むすべての仮想通貨が貸し出すことが可能です。

レバレッジ取引が可能

GMOコインでは現物取引だけではなく、レバレッジ取引もできます。
レバレッジとは英語でてこという意味で、証拠金にてこを入れて実際の所持金より大きな金額で取引をすることです。

仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することにより、価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引のことです。

ビットコインをはじめ、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルも仮想通貨FXで取引できます。

ビットコインの値動きがゆるやかなタイミングでは、アルトコインで仮想通貨FXの取引を行うなどして、相場にあわせた投資ができます。

GMOコインでは、レバレッジ取引を仮想通貨FXとしてサービスを展開しています。

仮想通貨FX以外に、PRIMARY通貨やjbcoin通貨などのICO仮想通貨があります。短期間で多くの利益を得たい方は、ぜひ購入してみてください。