イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組みなどを解説。

イーサリアム(ETH)は、仮想通貨の時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位につけており、ブロックチェーンプラットフォームとして不動の地位を築いています。。

しかし、それだけの人気を誇るに足る高度な技術を備えているものの、実際どういう仕組みで出来ている仮想通貨なのか、よくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなイーサリアムの特徴や仕組み、将来性について解説します。

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアムとは、2013年にロシア人によって開発された仮想通貨です。開発者はなんと、当時19歳という若さでイーサリアムを開発しました。

開発者は、現在もイーサリアムの開発チームの中心に関わっており、オミセゴー(OMG)などの他の仮想通貨プロジェクトのアドバイザーとしても活動しています。

また、イーサリアムというのはプラットフォームの名前で、そのトークンはEther(イーサ、ETH)です。

ビットコインが純粋に決済や送金を目的とした仮想通貨であるのに対し、イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を備えており、スマートコントラクトを利用した分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとして作られた仮想通貨です。

スマートコントラクトとは?

イーサリアムの一番の特徴は「スマートコントラクト」という概念です。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上でプログラムを自動的に実行させる技術のことです。

もう少しわかりやすく説明します。

スマートコントラクトの前にビットコインをおさらいしておくと、ビットコインにおけるブロックチェーンというのは、ブロックの中のデータには「AさんからBさんに10BTCを送金した」などの取引情報が格納されているわけです。

イーサリアムは、この取引情報のほかに「Aさんが○○したら、××することが可能になる」といった契約条件、履行内容をプログラムで記述することができるのです。

イーサリアム(ETH)の特徴、ERC-20トークンについて

ERC-20トークンはイーサリアムプラットフォーム上で使用するために設計されたトークンです。トークンとは限られた範囲で使えるコインのようなもの。イーサリアムコミュニティ内で定められた項目をクリアしたものだけがERC-20トークンとして認められており、イーサリアム系のDAppsではこのERC-20トークンを使って手数料などが支払われます。全世界で8万種類以上もあると言われており、EOS(イオス・イーオーエス)やTRX(トロン)もERC-20トークンの一種です。

イーサリアム(ETH)、今後のロードマップ

イーサリアムの今後については、シャーディングという技術の開発が大きな注目を集めています。実装はまもなくされる予定で、実装されるとスケーラビリティ問題を一挙に解決とも言われています。

このシャーディングの技術はまもなくしてからの実装後、サファイアアップデート、ダイアモンドアップデートを経て、安定的な技術へと変貌を遂げるようです。

イーサリアム(ETH)の将来性

最近、仮想通貨界隈ではDAppsという言葉がよく聞かれるようになりました。このDAppsにもイーサリアムブロックチェーンが大きく関わっています。一部でDAppsは今後の仮想通貨市場の将来を変えるとも言われており、そのことからもわかるとおり、イーサリアムには大きな将来性が見込まれています。

サニーコイン通貨、Permian通貨、ShareMeAll通貨は、今話題の通貨です。取引所で購入できるので、是非購入してみてください。